エコ リフォーム 増改築 川口市 東川口 一級建築士 設計 建物 オリジナル建築 デザイン アクトデザイン

 
健康にやさしいウッドハウス
建築家といっしょに家づくり
マイソク
ウッドハウス

暮らしを健康に豊かにするウッドハウス

住宅が今、大きくその姿を変えようとしています。わが国の住宅産業界はバブル崩壊後、価格破壊を合言葉に、安さを最優先にした質を問わないローコスト住宅が注目を浴びてきましたが、安ければ売れるといった安易な住宅作りは、購入した住まい手に厄介な問題を提起しました。

私たちの選択によっては、25年程度しか住めない住宅に一生ローンを払いつづけ、気が付いたら、建替えの時期を迎えているというようなことにもなりかねないのです。いわゆるスクラップアンドビルドの使い捨て住宅です。

欧米の住宅は築50年、70年経過している住宅はむしろ一般的で、さらに驚くことにその時点でも家としての資産価値を増しているのです。
もちろんその間の適切なメンテナンスは欠かせません。 では、なぜ欧米に比べて日本の家は短命で25年足らずで価値がなくなってしまうのでしょうか。その原因は、日本特有の高温多湿な気候と使用する建築資材、そして工法にあります。

今、あたりまえのことのように行われている、省エネルギー目的での断熱材の壁中充填、アルミサッシの採用による気密化。メンテナンスが楽になることや、クレームが少なくなることを優先しての新建材の多用により、日本の住宅は、壁や床といった重要な部分に結露が生じ、経年とともにさらに腐食へと進行するからです。これでは家の寿命は延びません。

さらに、このような住宅は単に建物の耐久性の問題だけでなく、近年、新建材に起因するシックハウス症候群と呼ばれる多くの症状を伴う疾患と共に、結露によるカビ、ダニが発生してアレルギー、喘息、アトピー、さらに呼吸不全まで引き起こす室内空気環境が原因の病気を引き起こし、社会問題化しています。

このような問題点を徹底的に検証し、耐久性のある、健康と環境、省エネに配慮した安心の住宅として、ウッドハウスが誕生したのです

開放的な空間と、やわらかい素材感。素足で歩ける床。
パインのムク材を使用し、やわらかい 足ざわりの木の温かみを感じる床。
自然素材ならではの優しさを、
随所に感じる家です。
 
ご相談、プラン申し込みはこちらから。お気軽にご依頼下さい。
▲ページの先頭へ
株式会社アクトデザイン 住所:埼玉県川口市戸塚2-27-1 Tel:048-295-0021