iカード事業計画書2:システムの流れと特徴=事業メリット

i−modeメンバーズ・カード
システム
特許出願中


(株)アクトデザインPC事業部アクトシステム: 048-294-0043


例: のURLを実際に携帯もしくはブラウザー表示させると理解しやすいです
青字 :コンピューターコード等の実例

2:システムの流れ

文章中の言葉:
携帯i-mode表示インターネット・ページ電子式メンバーズカード:iカード
店・もしくは商店街、チェーン等、iカードメンバーズカードの対象となる個々の販売店(販売チェーン):
店側で購買を行いiカードを利用する一般顧客ユーザー:ユーザー
iカード・システム全般の電子的中央処理センター:センター

step1:ユーザーよりデータの収集

    ユーザーより必要事項を頭にて収集。
    ユーザーの携帯i-modeのEmailアドレス(必須)
    ユーザーの名前(店の必要に応じ)

    説明:店側のデータ収集の意向により、データの収集範囲は決めることができるが、
        Emailで本人特定が可能なので、
        最小:Emailだけでも可能。

    頭にて、所定の用紙にEmailアドレス(と名前)を書き込んでもらう。
    (店頭にコンピューターがあれば、その時点で、直接、
    店側・送信フォームアプリケーションに、タイプ入力できる)


用紙の例

**店メンバーズ

お名前   

i-modeのEメール・アドレス 

丸山

 maruyama@docomo.ne.jp


       @docomo.ne.jp


       @docomo.ne.jp


       @docomo.ne.jp


step2:お客様情報を店よりセンターへ送信

    店に配信された送信フォームアプリケーションにて送信登録。
    店は、センターより配信された送信フォームアプリケーションに、step1で収集した、ユーザーのEmailアドレス(と名前)をタイプ、
    送信ボタンを押して、センターに送信する。

    送信フォームアプリケーションから
    Email(電子メール)
    として、センターにデータが移送、
    センター側は、電子メールデータとして、
    店名
    ユーザーEmailアドレス
    (ユーザー名前)
    をセンターアプリケーションが受け取る。(読み取る)

    (店側に、コンピューターが無い場合、申込み用紙をセンターへFAX等で送付し、センターで直接入力)


step3:センターで受信した情報を元に、お客様カードを作成


    step2で受信したデータを元にセンターアプリケーションがHTMLファイルを作成。
    それをインターネット上にFTPアップ。

    カードの仕様:HTML形式(インターネットページ形式)iモード対応仕様。
             センターアプリケーションが店ごとにユーザー連番して、ユーザーにメンバー番号を割り振る。
             自動連番→ユーザーEmailアドレス の組み合わせ で個人を特定・対照。

             例: http://www.act21net.co.jp/omise/namikawa/p25.html
                店、商店会等ホスト : 波川
                (に応じた連番号)メンバー番号 : 25
                Emailアドレス : maruyama@act21net.co.jp
                ※システム的に最低限必要な組み合わせはここまで:以上3つの組み合わせによるEmail特定
                名前 : 丸山

                アップされたHTMLファイル=iカードのタグ(例)

              <HTML>
              <HEAD>
              <TITLE>丸山</TITLE>
              </HEAD>
              <BODY BGCOLOR="#ffffff" TEXT="#000000">
              <FONT COLOR="#800080">波川</FONT><BR>
              <IMG SRC="logo.gif" ALT="波川"><BR>
              members:<FONT COLOR="#008000">25</FONT>
              <HR WIDTH=100 ALIGN=LEFT>
              丸山様<BR>
              Email:maruyama@act21net.co.jp<BR>
              <HR WIDTH=100 ALIGN=LEFT>
              <A HREF="index.htm" accesskey=100>波川メニューへ</A><BR>
              </BODY>
              </HTML>


step4:ユーザーのi-mode携帯Emailにカードを配信

    センターアプリケーションにより、
    ユーザーのEmailアドレスにカードへのアクセスを送信→Email配信

        配信メールの文例:
          波川:メンバーズ
          丸山様専用の
          携帯iモード表示用メンバーズカードが作成されました。
          ↓押してください
          http://www.act21net.co.jp/omise/namikawa/p25.html         
          (↑表示して「画面保存」すると便利)


    メール受信したお客様が、上記 http://www.act21net.co.jp/omise/namikawa/p25.html
    のメール内の字の部分を押すと
    http://www.act21net.co.jp/omise/namikawa/p25.html
    のページが開く(リンク)
    その http://www.act21net.co.jp/omise/namikawa/p25.html
    のページ自体がメンバーズカードになっている。(右図参照→)

    携帯i-modeの「画面保存」機能で保存すれば、次回表示に通信料金はかからない。

    step4b:iカード作成と同時に、店側にセンターよりナンバー等の登録事項が返信される。

    センターアプリケーションにより、
    ユーザー登録内容を店側に報告する→Email送信による

    報告メールの文例:

    お客様メンバー
    丸山
    maruyama@act21net.co.jp
    メンバー番号:
    25
    が追加されました。




step5:配信されたカードを、ユーザーが携帯画面上に表示して、メンバーズカードの替わりとできる=iカード

step6:それiカードに応じた店側のサービスが、可能となる


    A:iカード連動のお店情報サービス

    ユーザーは、iカード上のリンクボタンを押して、
    店情報のページを表示、(して、その日のサービスを確認)、
    そこに記載された店側のメンバーサービスを受けられる。
    (店頭でiカードを店員に見せる)

    iカード上のリンクのタグの例:
    <A HREF="http://www.act21net.co.jp/omise/sabroso/index.htm" accesskey=100>サブロッソ・サービス情報</A><BR>

    ユーザーがリンクボタンを押して表示されたお店情報ページの例:右図→
    (右図の例だと、ランチビール・1杯サービス)



    B:メンバーナンバーと個人Emailアドレスの組み合わせによる、ポイント蓄積サービス

    店側は提示されたメンバーナンバーを元にポイント蓄積を行える。

    蓄積するポイントを店側は、接客時(iカード提示時)に集計用紙に控える。

    集計用紙の例

    **店メンバーズ・ポイント集計

    メンバーNo

    お名前   

    ポイント

    25

    丸山

    4

    6

    -

    2

    26

    門川

    2

    3











    (店頭にコンピューターがあれば、その時点で、直接、
    店側・集計フォームアプリケーションに、タイプ入力できる。)
    (iモード機でも入力可能)

    ポイント蓄積および消費管理は、
    ユーザーiカード
    および
    店・手元の集計用紙

    によっても可能
    (集計用紙上で、蓄積と消費=サービス実行:景品交換を管理する)

    だが、さらに
    センターに報告することによって、
    より複雑かつ緻密なサービスが可能となる。
    (ユーザーへのEmailによる蓄積ポイント報告、
    そのEmailに書き込まれた暗証番号照合による、より高セキュリティーな本人確認)


    以下にその手順を示す。(基本的には、前述step2以下のサイクルと類似)



    ポイント蓄積情報を店よりセンターへ送信
    店は、センターより配信された集計フォームアプリケーションに、
    収集した、ユーザーの蓄積ポイントをタイプ、
    送信ボタンを押して、センターに送信する。→Email送信

    センターアプリケーションは、データを受信して集計および、
    特定のタイミング(店ごとのポイント設定による)
    におけるユーザーへのポイント報告を行う→ユーザーへのEmail配信

        配信メールの文例:
          波川:メンバーズ
          丸山様の
          ポイント蓄積が
          10
          となりました。
          **サービスと交換できますので、
          店頭で、この暗証Noを提示させてください
          暗証No:7848568namikawa9562         


    (ユーザーEメールへの店側情報配信は、常に可能である:
    ポイント報告メールに付属して。または適切なタイミングで。)

    センターアプリケーションにより、
    ユーザー配信内容を店側に報告する→Email送信による

    報告メールの文例:

    **店メンバーズ・ポイント配信データ

    メンバーNo

    お名前   

    暗証No  

    報告P

    25

    丸山

    7848568namikawa9562

    10

    __

    __

    26

    門川













    暗証Noは、センターアプリケーションでランダムルーチンを含めて決定し、
    ユーザー、店、双方に通知することによって、
    セキュリティーの程度を上げることができる。


SABROSO
SABROSO
members


ランチビール・1杯サービス!(11:30-14)
メンバー画面をお店で見せてください

営業時間:
11:30時〜22:00時
定休日:月曜
客席数:30席

メニュー&料金:
サブロッソを味わえる
ランチタイム!
11:30〜14:00
------
A:本日の魚料理
1200円
B:本日の肉料理
1200円
(AB共:パンorライス、サラダ、コーヒーor紅茶、付)
------
C:本日のパスタ
1200円
D:スペイン風魚貝のおじや
1200円
E:パエリア(お二人様より。20分調理時間あり)
一人前1600円
(CDE共:パン、サラダ、コーヒーor紅茶、付)
------
黒板に注目!
------
デザートセット:
+300円
シェフのおすすめ
デザート盛り合わせ:
+500円
ランチビール:
200円
------
牛フィレ肉のステーキセット:
1800円
シェフのおすすめコース:
(パエリア&オードブル他)
2000円

3000円のコース
(パエリア&肉or魚料理他)
------
手抜き無しのランチ。
本格スペインのうまみを
まずは、ABCとご賞味ください。
人生を楽しむ料理
スペイン
そしてサブロッソ
ファンのひとりごと

電話→0482980936
川口市戸塚1-9-14
東川口駅けやき通り不二家前左(北)に折れ
SABROSO

お店Map:川口
廉価自動更新システム:
アクトシステム





総論:

画面表示・電子データ保存であるために、iカードは、店・客双方にとって利点がある。

個人特定とセキュリティーは、
個人Emailアドレス と iカードナンバー
の組み合わせに依っている。




分散型のシステム構成は、インターネット本来の

シンプルさ
強靭さ(魔法の箱100%コンピューターと言う意味で無く、インターネット的分散→ゆえに強靭)
低コスト

を備えている。
センターアプリケーションは、それを稼動させるバックボーンとしては、シンプルな構成で済み、
バックアップ・システムも含め、複数設置も容易である。
そのひとつひとつで、それぞれが複数の遠隔サーバーをリモート管理できる。
システム的な前提条件のハードルは、非常に低い。
そして生産性が高い。(開発の生産性も含め)




例: 
http://www.act21net.co.jp/ahp/test8-28omise.html

テスト用の作成画面です。
カード作成の実際までの流れを追えます。
(インターフェイス:操作上のわかりやすさと快適 は、資金投入により、改善できます。)







問い合わせメールは↓
info@act21net.co.jp

TOPへ戻る